オレンジの扉(ハーブの世界)

オレンジの扉 open

🍃 ハーブの世界へようこそ

2020/8

ハーブの世界

メディカル(医療の、医学の)ハーブとはハーブに含まれている成分を健康維持のために使おうとするor薬用植物の分野です。

近代医学の薬や漢方薬との違いは?

近代医学の薬=主に人工化学成分。医薬品。単一成分でピンポイント(一点集中)に作用。速効性。(緊急の治療が必要な症状や外傷などに強み)。

メディカルハーブ=植物が原料。医薬品ではない。多くの成分で全身に作用。相乗効果、多方向に働く。遅効性。(慢性的な症状やストレスからの症状に強み)。例えば ストレスなどから胃腸の調子が悪く 元気が出ないとき(胃腸の調子を整えながら、ストレスを軽減し心と体への働きを得る。)など

漢方=植物、動物、鉱物が原料。医薬品。(定められた処方で、多数の原料を配合したもの)

ふ~む ふむ  なーるほど

ハーブは医薬品ではなく、疾病等が治癒するものではございませんので、飲み過ぎには気をつけましょう。
「ハーブを日常生活に活かしてお楽しみください」※※「子供やお年寄り、妊娠中の女性など(お腹の胎児に影響を及ぼす場合もございますので)注意が必要な場合があります。少量からお試しして、医師などに相談し様子を見ながらにしましょう」 尚 体調に異変が見られましたら、直ちにお控えください。                            

メディカルハーブのいろいろ。 科目別に掲載してみましょう↓

あ) アオイ科のハーブ

(マロウブルー、ハイビスカス、リンデン)

🌺マロウブルー 

和名(うすべにあおい) 部位 花部

<作用&適応>  皮膚粘膜の保護、刺激緩和 &口腔、咽頭、胃腸、泌尿器の炎症

🌺 ハイビスカス 

別名 ローゼル 部位 黄色花の蕚がく部

<作用&適応>  代謝、消化機能促進、緩下(便通)、利尿 &肉体、眼精疲労、便秘、循環不良

🌺🍃 リンデン 

和名 西洋ボダイジュ(しなの木)部位花部(苞ほう)&葉部 

<作用&適応>  発汗、利尿、鎮静 &風邪、上気道カタル、高血圧、不眠

い) イネ科のハーブ

(レモングラス )

🍃 レモングラス 

和名 レモンガヤ 部位 葉、茎部 「トムヤンクンに欠かせない一品」

<作用&適応> 駆風(ガス排出)作用、消化機能活性、防虫 &食欲不振、消化不良

い)  イラクサ科のハーブ

(ネトル)

🍃 ネトル 

和名 西洋イラクサ 部位 葉部 「春季療法ハーブ体質改善」

<作用&適応> 利尿、浄血 &花粉症、アレルギー疾患、痛風、リウマチ

お) オトギリソウ科

(セントジョンズワート)

🍃🌺セントジョンズワート 

和名 西洋オトギリソウ 部位 開花時の地上部 「サンシャインサプリメント」

<作用&適応> 抗うつ、消炎、鎮痛 &軽度~中度のうつ、pms、創傷

注意が必要↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: セントジョーンズワート併用注意点-2.png
き) キク科のハーブ

(ジャーマンカモミール、エキナセア、ダンディライオン、ヨモギ)

🌺 ジャーマンカモミール 

和名 カミツレ 部位 花部 「ピーターラビットに登場」

作用&適応> 消炎、鎮静、鎮痙(筋肉)、駆風(ガス排出)、&胃炎、胃潰瘍、月経痛、皮膚炎

🍃🌺 エキナセア 

部位 地上部、根部 「天然の抗生物質インディアンのハーブ」

< 作用&適応 >  免疫復活、創傷治療 &風邪、インフルエンザ予防、尿道炎予防、治りにくい傷

🍃 ダンディライオン 

和名 西洋タンポポ 部位 根部 「ノンカフェインのヘルシーコーヒー」

<作用&適応> 強肝、利胆、緩下(便通)、催乳 &肝胆系の不調、便秘、消化不良、リウマチ

🍃 ヨモギ 

和名 蓬よもぎ、餅草 部位 葉部

<作用&適応> 血行促進、抗菌、肌引き締め、鎮痛 &生理痛、外傷止血、冷え性、湿疹、ニキビ

キク科アレルギーの方は飲用をお控えください

く) クワ科のハーブ

(マルベリー)

🍃 マルベリー 

和名 桑くわ 部位 葉 「生活習慣病」

 <作用&適応>  血糖調整 &(高血糖や肥満など)生活習慣病の予防

し) シソ科のハーブ

(ペパーミント、レモンバーム、バジル、ラベンダー、ローズマリー)

🍃 ペパーミント 

和名 西洋ハッカ 部位 葉部 ℓメントール

<作用&適応> 賦活ふかつ(リフレッシュ)のち鎮静、鎮痙 &集中力欠如、食欲不振、過敏性腸症候群

🍃レモンバーム(メリッサ)

和名 西洋ヤマハッカ  部位 葉部、種子部

<作用&適応> 胃腸の整腸サポート、脳の活性化 &不安いらいら、食欲不振

🍃 バジル 

和名 目帚めぼうき 部位 葉部 「イタリアン定番」

<作用&適応> 消化機能活性化、抗酸化 &食欲不振、消化不良

🍃🌺 ラベンダー 

部位 葉部、花部 「癒しのハーブ」

<作用&適応> 神経、筋肉の緊張を緩和 &不安、不眠

🍃 ローズマリー 

和名 万年郎マンネンロウ 部位 葉部 「若返りのハーブ」

<作用&適応> 抗酸化、消化機能、血行促進 &食欲不振、消化、循環不良

と) トケイソウ科のハーブ

(パッションフラワー) 

🍃🌺パッションフラワー

 和名 チャボトケイソウ 部位 地上部の全草 「植物性のトランキライザー」

<作用&適応>  中枢性の鎮痛、鎮痙 & 高血圧、精神不安、神経症、不眠の緩和

は) バラ科のハーブ

(ラズベリーリーフ、ローズヒップ、ローズ)

🍃 ラズベリーリーフ

 和名(ヨーロッパキイチゴ)部位 葉

< 作用&適用 >  鎮静、鎮痙(筋肉)、収れん&生理痛、pms予防や緩和、出産準備、下痢

 🌺ローズローズヒップ

 部位 偽果 「ビタミンcの爆弾」

<作用&適用>  ビタミンc補給、緩下(便通) &ビタミンc消耗時の補給、便秘

🌺 ローズ 

和名 バラ 部位 花部

<作用&適応> 鎮静、緩和、収斂作用 &神経過敏、便秘下痢、更年期トラブル

も) モチノキ科のハーブ

(マテ)

🍃 マテ  

部位 葉部 世界三大ティーのひとつ(コーヒー、紅茶、マテ茶) 

<作用&適応>  興奮、利尿 &精神疲労、肉体疲労

れ) レンプクソウ科(スイカズラ科)のハーブ

(エルダーフラワー)

🌺 エルダーフラワー

 和名 西洋ニワトコ 部位 花部 「コーディアル」

<作用&適応> 発汗、利尿、抗アレルギー &風邪、インフルエンザ、花粉症